食べても満足感を得ることができない

脳の悪い癖を抑えることは大切になるはず
いくら食べてもどんなに胃の中に食べ物を蓄積させたとしても満腹感がないのです。だから、どんどんと食べてしまい、結果として太ってしまうわけなんですよね。ダメだとは思ってるんですが、どんどんと胃の中に詰め込んでしまい、体重が増えてしまうわけです。

これはどうしてなのか?

脳の報酬系と呼ばれる回路の動きで、人間の特殊的な動きにより、食べ物が目の前にあることで食べたくなるもので、決して珍しいことではありません。人間という生き物は食べることが好きで、実際煮物を食べている時のどーぽアミン反応が高いことで、どんどんと食欲が高まります。

美味しそうな食べ物を見た時の反応に比べて実際に食べた時のドーパミンの反応が低いと、それだけ食べ物に対する意識も不思議と変わってくるものであります。

ところが予測だけが高まって一気に食べてもあまり反応が高まらず、満足しない場合は劣等感だけが脳に揺らぎ込んでしまいます。

このギャップが大きいほど反応が大きいために、期待している以上にご褒美がもらえたいときは満足しますが、予想通りの報酬だったらあまり活動しないわけであり、食べてみたら思ったとおりの味だった、食べても食べても満足しないのはこうした脳の働きがあるからなんですね。

そのために、満足感を高めるためにHGAスプレーをしようして、口の中にスプレーをして、満腹感を高める当方法があります。舌の上にHGAスプレーを行うことで、脳が反応して、空腹感から満腹感に切り替えることが出来るために、一時的になりますが、満足感にひたり、食欲を抑えることにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加