HGAスプレーとソマトメジンC

HGAスプレーの中でも、最も注目を集めているのが、この「身長を高くする効果」。

実際にl※1SGA性低身長症と診断された子供に対し、ヒト成長ホルモンを増やすことで改善されたというデータが残っているそうです。

まず、骨を成長させるには、※2骨端線がある状態でなければなりません。
ヒト成長ホルモンが骨端線に働きかけることで、身長が伸びる訳ですが、
この骨端線が大きく成長するのには※3ソマトメジンCが必要です。

HGAスプレーの効果でヒト成長ホルモンが促進して、肝臓に働きかけ、ソマトメジンCを分泌し、
骨を成長させて、身長を高く伸ばす作用があります。

ヒト成長ホルモンの分泌が低くなると、その分ソマトメジンCの分泌レベルも比例して低くなり、結果的に骨端線の成長も止まり、「身長が伸びない」「一定に保たれる」という現象が起こります。

つまり、HGAスプレーを毎日継続して使うことで、ヒト成長ホルモンが促進され、ソマトメジンCの分泌量が増えて「身長を高く」なるということになります。

※1:SGA性低身長症とは?
昔は小人症とも呼ばれ、成長が十分追いつかなくなり、思春期が低身長の状態でくるなどの症状で、 成人身長が非常に低くなるとされる。

※:2骨端線とは?
骨の端にある軟骨が骨に変わってゆく境目の部分。

※:3ソマトメジンCとは?
骨以外の体細胞で70個のアミノ酸からなるポリペプチド。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加